読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2チェ

パチスロの最低限の知識、立ち回り方の紹介、自身の実践日記。

2017/3/19 実践日記 アナザーゴッドハーデス他

朝はこのブログのやり残しや、風呂などで11時過ぎに店に着いた。ポセイドン導入2日前の日曜日なので、設定は全く期待していなかったので、朝はのんびりした。

前回は朝一ハーデスでGODだったので、もしかしたらまた来るかも!と、とりあえず回っていないハーデスに座り、2台で5000円分を消費した。マイジャグ3に移動して1000ゲームくらいで、低設定を確信。少し流して収支的にはプラマイ0くらい。

早くもやれる台がなくなったので黄門ちゃまをやってみることにした。黄門ちゃまは1回だけやったことがあってAT40ゲームが当たったことがあるが、内部は全然わかっていない。2000円投資したところで3連チェリーから右側の赤いメーターが貯まり、熱そうな演出に発展、さらにパチンコの演出になった。液晶の下部分に3か7か絵柄ならあと2回当たると説明が書かれていて、この演出が熱いのか寒いのかもわからない乏しい知識だったが、333が揃った。

3連チェリーは熱かったのかと思い、調べてみたが199分の1らしく、さらにわけがわからなくなった。何はともあれ当たったことは確かだった。次に上乗せのパターンを選択する画面になった。3周くらいジョグを回したが、書いてある内容が小さすぎてよく読めなかったので、バランスを選択した。

上乗せが何度か当たり、しばらくして「もしもし、水戸です。」これは動画で見たことがあって、一番熱い上乗せパターンだ。フリーズをしばらく見ていたが、100ゲームの最低保障だった。その後も順調に上乗せと印籠チャンスを重ねていき、1300枚を流してちょうどその分がここまでの今日のプラスになった。

その後、ハーデスの825回転を発見、今日使える貯玉を確認したところ、1900枚残っていたので、天井までは行けると思い、この台に今日の運命をたくすことにした。

1400回転くらいのところで、自分の身体に異変が起きた。天井到達できるかの緊張からなのか、血行が悪くなり、左手の薬指と小指が痺れだした。この現象は寝ている時にたまになるが、スロット中は始めてだった。多分肩と首の凝りが原因だ。1500回転では左手に加えて、右手の薬指と小指が痺れだした。首もかなり凝っていた。1550回転では両手ともかなり痺れていた。立ったら倒れるかもしれないと思い、また、ここでやめるのももったいないので、とりあえず1600回の天井まで頑張ることにした。もしかしたらここで死ぬのかもしれないと思った。ハーデスの天井到達の間近で死ぬなんて恥ずかしすぎるだろう。

無事天井に到達した。もう何でもいいから早く終わらせたかった。ハーデスが2回揃って300ゲーム。そんなことはどうでもいい、GGが始まったらすぐ席を立って、外の空気を吸いにいった。腕は相当痺れており、店の周りを1周、背筋を伸ばし、両腕を大きく振りながら歩いた。血行をよくしなければ、GG消化は不可能と感じたから。

天井到達による緊張の解放と、5分のウォーキングにより、痺れは解消された。無事320ゲーム消化し、850枚を獲得し、即ヤメした。まだ1万以上勝っている。

ここで帰ればよかったが、店を移動し、ジャグラーなどを、乱れ打ち、パチンコも数台打って、結局貯玉含め7000円負けた。家に帰ったら嫁に顔色が悪いと言われた…。

ハーデスの天井狙いはコンディションが悪い時はやらないことにする。