読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2チェ

パチスロの最低限の知識、立ち回り方の紹介、自身の実践日記。

リプレイ君(サミーコピー打法)

サミーのコピー打法はあまりにも有名だが、当時行っていた松戸近辺の状況についての話をする。

まず、コピー打法について簡単に説明をする。知っている人は読み飛ばしたほうがいい。

コピー打法は、サミー系全機種において、1ゲーム前のフラグコピーできる打法だ。やり方はレバーをかなりゆっくり叩くだけ。

何故に問題なのかは、以下の通りだ。

①当時はAT全盛期だったため、獣王、インディジョーズなど、レア役のコピーで、AT抽選となることが多かった。

②獣王などは、ナビが出ないと15枚役を揃えるのは運任せだが、揃った次ゲームにコピーを行えば、同じ15枚役のフラグが成立しているため、目押しにより獲得可能となる。

③ハードボイルドなど、ボーナス自体をストックする機種の場合、ボーナスまでコピーできて、2連続で成立、2連続で放出。

④通常ゲームの小役も全てコピーできるため、コイン持ちがとてもアップする。

つまり、店にとっては最悪の打法だ。

なお、これは私がガメラで発見したのだが、ボーナス中の最終ゲームのフラグは通常ゲーム1ゲーム目にはコピーできなかった!どうでもいいが。

 

発覚当日、私は大学生であり業界人ではないので、当然その事実は知らず、当日の記憶もほとんどない。V店ではインディジョーズと獣王が封鎖されていたのは覚えているけど、それが当日だったのかも、曖昧である。

知り合いに打ち子がいて、その人への連絡はいっていて、金町か亀有に朝から行って、猫で小判を打ち子で独占して打ったようだ。私はこの情報自体は、その日の夜に聞いた。

リプレイ君とは、この打ち子達によりつけられた名前だ。「ティッシュを切って小さくしたもの」で、リールの付け根部分に押し込む。これによりコピー打法の難易度が下がるというもの。多分リプレイをコピーするからそういう名前なんだろう。

その店では途中で店長が、もう勘弁してくれという感じになったらしく、打ち子のリーダー的存在が、店長を土下座させたと聞いた。午後6時時点で、打ち子軍団で合計5万枚は出ていたとか。

2日目、私は攻略法を知っているにも関わらず、普通に多分V店で大花火などを打っていた。友達は遠くの等価の店で、獣王を打ち15000枚出していた。V店は問題となっている機種は封鎖されたままだった。

3日目か4日目、友達と松戸のH店へ行っていた。店によって同じ機種でも封鎖されていたり、されていなかったりした。情報伝達が違うように感じた。H店は獣王は封鎖されていた。インディは未導入。猫で小判は記憶にない。キャッツアイとガメラは封鎖されていなかった。

私はこの時ゲームセンターで練習して、コピー打法を習得していたので、ガメラとキャッツアイで小役をコピーして遊んでいたが、普通に負けた。BIGを引かなければダメだし、コイン持ちを上げるだけで長時間打たなければ効果はない。時間が勿体なく感じた。

その後の記憶はない。サミーの対応は早く、数日でコピーできないバージョンが導入された。私は1日目から情報を得ていたので、探せばできる店は結構あったと思うが、探さなかった自分に後悔している。H店のガメラだって、設定1でも機械割100%超えているから、やるべきだった。設定1の確率通りに出ても3000枚くらいは出せたはずだった。

 

おまけ

以下は嘘のような本当の話だ。

サミー系封鎖期間中、私は閑古鳥が鳴いている松戸のP店の店員にこんな提案を持ちかけた。

「時間限定で攻略法OKにするイベントやったら客が来そうじゃないか?」

すると店員は店長と話をしてくれて、なんと、そのイベントを行うことが決定した。時間は夜8時から閉店まで、機種はハードボイルドのみ。

私と友達は近くのゲームセンターで練習しながら時間が来るのを待っていた。リプレイ君も複数準備した。

夜8時、普段は全く客のいないP店が、ハードボイルドのみ、満席となった。ハードボイルドはATとボーナスストックだ。

コピーの威力は絶大だった。投資1000円。200回転以上回してボーナスを引いていないのにコインが増えていった。BIGを引き、終了後1ゲーム目にまたBIG、コピーが成功していた。1時間でBIG1回しか引いていないのに箱を使っていたと思う。

午後9時半、閉店までのイベントのはずなのに、店側からイベント強制終了のアナウンスが流れてしまった。そのくらい強力だった。出来ない人もいたが…。

 

終わり